ガっちゃん!ライブ

ガっちゃん!ライブ トップ > ニュース国際+ > 【米国】「最初に戦争ありき」 米副大統領がとパウエル氏[03/31] > キャッシュ - (2018-03-15 13:37:13 解析)

【米国】「最初に戦争ありき」 米副大統領がとパウエル氏[03/31]

8 コメント 2018/03/15 13:37 カテゴリ/板名 世界情勢 /  ニュース国際+

勢い 0 分速(平均) -0.00コメント数/分

作成日時 5765-04-02 00:22 最終レス日時 2005-04-02 14:55

関連ワード 米国  最初  戦争    大統領  パウエル氏  03/31

オリジナルURL http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1112368965/l50

  • 1 .  パキュンパキュンパキュンφ ★  5765/04/02(火) 00:22:45


    「「最初に戦争ありき」 米副大統領がとパウエル氏」

    パウエル前米国務長官は31日発売予定のドイツ週刊誌シュテルンとの会見で、
    イラク戦争について、チェイニー副大統領らブッシュ政権指導部が当初から
    戦争を始める方針だったと述べた。
    前長官は「とりわけ副大統領は最初から戦争をするつもりだったのは間違いない」
    と述べ、外交解決を信じていた前長官と見解が違っていたことを明らかにした。
    また、戦争への協力を各国に呼び掛けた際に「あまりに大声で叫びすぎた」とし、
    協力を取り付ける方法に問題があったと認めた。しかし、フセイン大統領を
    政権の座から追い落としたことは成功だったと強調した。

    引用元:河北新報社-共同 http://www.kahoku.co.jp/ (2005年03月31日木曜日)
    http://www.kahoku.co.jp/news/2005/03/2005033001004768.htm
  • 2 .  月の砂漠の名無しさん  5765/04/02(火) 00:26:07

    しっかしアメリカはいっつも戦争をしてるな。なんで?
  • 3 .  月の砂漠の名無しさん  5765/04/02(火) 00:27:31

    兵器が進歩しないだろ。
  • 4 .  月の砂漠の名無しさん  5765/04/02(火) 00:42:07

    アメリカ経済の半分は軍事関係産業で構成されています。
  • 5 .  月の砂漠の名無しさん  5765/04/02(火) 00:50:36

    >>1
    何の事はない、『間違った戦争を起こす事でフセインを倒すという作戦は成功した』という事。

    > また、戦争への協力を各国に呼び掛けた際に「あまりに大声で叫びすぎた」とし、
    > 協力を取り付ける方法に問題があったと認めた。

    大声で真っ先に全面支持を叫んだ小泉と読売と産経の見解が聞きた~い!
  • 6 .  月の砂漠の名無しさん  5765/04/02(火) 00:52:03

    つーか、辞める前に言え~!
  • 7 .  月の砂漠の名無しさん  5765/04/02(火) 01:04:48

    http://www.geocities.jp/youdai0713/kan/bisyo.htm

    戦後賠償
    昭和20(1945)年に敗戦国となった日本は、6年間の占領期間の後、
    昭和26年に連合国55ヶ国中48ヶ国とサンフランシスコ講和条約を結びました。

    昭和40年、日本と韓国は日韓基本条約を結び、日本は無償で3億ドル(約1080億円)、
    有償で2億ドル(約720億円)、民間借款で3億ドルを支払い、
    日本が韓国内に持っていた財産を放棄することも含め、
    日本側からの8億ドル以上の請求権資金の供与と引き換えに、
    「両国民の間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決された」としたのです。

    民間借款を除いた5億ドルだけでも、当時の韓国の国家予算の 1.45倍 にあたるそうです。

    -----
    先日も朝日新聞に

    「ドイツは誠実に戦後補償に取り 組んでいるのに、日本は逃げている、
    誠実に謝罪し、賠償しない から、いつまでもアジア諸国から信頼されないのだ」

    と載っていましたが、ドイツはユダヤ人600万人虐殺による個人補償だけで、
    それ以外の戦後賠償は、いまだ完了していません。

    戦後の困難な時期にも関わらず,すべての国と条約 を結び、
    誠実に賠償を果たしてきたのは、敗戦後の食料危機の中、当時国民が一生懸命働き、
    血のにじむような税金から膨大な賠償に応じてきたことを知っていますか?

    受け取った賠償をどう被害者に分配するかは、相手国政府の責任なのです。
    このような報道者や今の”謝罪外交”のおかげで、過去の努力が全て無になり、
    近隣諸国に何かとつけこまれるのです。
  • 8 .  月の砂漠の名無しさん  2005/04/02(土) 14:55:08

    パウエル氏の助言に素直に耳を傾けていれば混乱は少なかったであろう

    中東政策を誤れば将来はもっと悲惨な事が起こり得る。

人気のキーワード